2014年08月06日

8/3-4 富士教会との合同夏期キャンプに行ってきました。

 8/3の大人との合同礼拝の後、急いで昼食を食べて、貸し切りパスで御殿場教会を出発。途中、富士教会と合流して、朝霧高原の活動センターに無事到着。1泊2日で、富士教会との合同夏期キャンプを行いました。
 今年のテーマは「私達の希望イエス・キリスト」。このテーマで、3つの聖書箇所の場面を、3つのグループがそれぞれアイディアを出し合い、話し合って、寸劇を作り上げていきます。小道具も持ってきた文房具など、限られた材料を利用して作ります。
 夕食前には1時間のフリータイムがあり、朝霧高原の気持ち良い風に吹かれながら、広い施設の芝生の上で、大人も子供も自由にバスケットやら、けん玉、フラフープなどを楽しみました。
 入浴後は子供たちは就寝。大人たちは成人分級で、それぞれの教会の課題や信仰のことなどを話し合いました。御殿場教会と富士教会は同じ東海連合長老会に属していますが、教会員同士が直接、交流する機会は多いとは言えません。富士教会との合同キャンプが始まって、今年で4回目。教会の垣根を越えて、一つの教会としての意識が芽生えてくるのが、うれしいです。

 8/4は昨日から今日までに仕上げてきた寸劇・スタンツを、3つのグループがそれぞれ発表します。最初は使徒言行録3:1-10、ペトロが足の不自由な人をいやす場面。子供から大人まで、チームワーク良く、聖書の場面を楽しく再現していました。
DSCN0364.JPG
 2番目はマタイ25:31-45、小さい者に親切にしていた人たちが、終わりの日の審判で、神の国に入れるとイエス様から宣言される場面。難しい個所でしたが、小学生2人が主役になって、大人たちは親切な人と、いじわるな人に分かれてアドリブ満載の演技。最後にイエス様役の小学生が、審判を言い渡すところは、名場面でした。
 3番目はルカ12:13-21、愚かな金持ちのたとえ。演技派のH神学生が、リッチな「かね もちお」として特別出演。大金をためて喜んでいるけれど、神様から命を取り上げられてしまいます。ユーモアたっぷりで、なおかつ小さい子供も懸命にセリフをしゃべっていて、いじらしかったです。
DSCN0373.JPG
 閉会礼拝の後、玄関で記念撮影をした後、近くの農場で酪農体験をしてきました。まず農場の監督から色々な説明を聞き、トラクターに乗ったり、牛に餌を食べさせたり、乳牛の乳しぼりをしたり、自分でバターを作って食べたり、お楽しみは満載で、お腹もいっぱいになり、全員で元気に帰ってきました。
 来年はもっと多くの人に参加していただきたいなと、心から願っています。
DSCN0407.JPG



posted by 教会学校 at 22:15| 教会学校より

2014年07月01日

7/1 CSだよりの7月号は、bP35号

 ひさびさにCSだよりをお届けします。7月と8月の予定が書かれています。映画会でも、キャンプでも、全国連合長老会・中高生修養会でも、皆さん、安心してご参加ください。
 御殿場教会は、子供たちが本物の神様と出会う場となるよう、いつも心がけ、奉仕しています。皆さんのご参加をお待ちしています。
 2014-7月号 CSだより.jpeg
posted by 教会学校 at 14:04| 教会学校より

2014年05月16日

5/11 ミニコンサート、みんなで楽しく演奏しました

 5月11日の礼拝後、子どもたちと大人たちによるミニコンサートを行いました。
 子供たちはヴァイオリンと電子ピアノで合奏したり、一人で電子ピアノを弾いたり、真剣そのもの。リハーサルよりもずっと上手に演奏できました。ビバルディの難しい曲のほか、「山の音楽家」の童謡など、大人の人たちと楽しく合奏したり、讃美歌をみんなで歌ったり、初めてのミニコンサートでしたが、大成功でした。
DSCN0334.JPG
posted by 教会学校 at 02:15| 教会学校より

2014年04月21日

4/20 イースター礼拝に子供たちも参加しました。

イースターエッグ2014.jpg
 今年のイースターは4/20の日曜でした。前日の土曜日にイースターエッグを作る予定で、子どもたちにも連絡していたのですが、授業参観などで子供たちが来られず、教会学校の先生や教会の方たちで、イースターエッグを作りました。
 でも翌日のイースター礼拝には、子どもたちも無事、出席することができました。大人と一緒の礼拝で、聖餐式もあり、いつもの教会学校より、長い時間ですが、それでもみんなしっかり礼拝を守ることができました。
礼拝後には、子どもたちが礼拝に来られた方々、全員に、イースターエッグを手渡ししました。
 やっぱりイースターエッグを配るのは、教会学校の先生よりも、子どもたちの方が似合いますね。
学校行事や地域の行事で忙しい子供たちですが、一人一人にすこやかな信仰が与えられるよう、これからも教会学校を応援してください。
 またぜひ教会学校のことを、お子さんのあるご家庭に知らせていただき、教会学校に親子で参加していただけるよう、おすすめください。
posted by 教会学校 at 14:48| 教会学校より

2014年02月12日

2/9 大雪のため教会学校はお休みしました

 2月9日の日曜日は、前の日から雪がふぶいていて心配でした。そうしたら日曜日は、お天気になったものの、大雪です。駐車場も、教会の周りも、雪で埋まっています。
  たぶん教会学校の教師たちも、生徒たちも、家から車も出せない状態だと思って、朝早く、電話連絡して、教会学校はお休みとなりました。これまでも日曜日に雪が降ったことはあったけれど、教会学校をお休みにしたことはありませんでした。それほど今回の雪はすごかったです。
  教会学校がお休みになったので、大人の礼拝が始まる前に、表通りから教会まで、人が通れるよう、雪かきをしました。雪景色はきれいだし、子供たちも雪が大スキ。でも日曜日は、かんべんしてもらいたいです。
CIMG2602.JPG
posted by 教会学校 at 04:42| 教会学校より

2014年01月06日

1/5 おもてなし会で食事しました。

140105_おもてなし会で.jpg  新年礼拝の後、教会学校の主催で「おもてなし会」を恒例で行っています。韓国風のお雑煮を作っていただき、教会学校の子どもたちが配膳をしたりし、食前のお祈りをしたりして、礼拝に出席した方々と一緒に食事をします。いつも教会学校を応援してくださることへの感謝をこめての昼食会です。韓国風のお雑煮はスープがさっぱりしていて、おもちも伸びないから、のどに詰まる心配もなく、子供たちも、高齢の方も安心して誰でも食べられます。おいしくて、スープまで飲んで完食しました。
  デザートに出たみかんは、どなたかの自家製のみかんだったのか、大きさがまちまちで、ミニサイズのみかんもありました。でもミニサイズでも、とっても甘くておいしいミカンです。
  一緒に食事をしていた教会学校のOGたちが、みかんで何かを作っているのを見て、子供も大人も大笑いして、楽しそうにしています。
  何かな?とのぞいてみたら、祝・2014年のみかんウサギさんでした。カワイイ!
  でも、今年は、ウサギ年だったっけ?
  
posted by 教会学校 at 23:42| 教会学校より

2013年12月30日

12/21キャロリングに行ってきました。

 教会学校の子どもたちや先生たちと、御殿場教会の関係施設である十字の園に行き、クリスマスの讃美歌を歌うキャロリングに行ってきました。
 今年は、施設の中でノロウィルスが流行っているとのことで、いつものように3階から、各階を歌って回るということは出来なくて、デイサービスをしている1階と、ケアハウスのアドナイ館の食堂、その2か所で讃美歌を歌いました。
131221_キャロリング 携帯写真.jpg
 子供も大人も、クリスマス用にサンタの帽子や、トナカイの角を頭につけて、手にはスズやタンバリンをもち、見た目もにぎやか。「きよしこのよる」は、利用者の方々と一緒に歌うことが手来て、楽しかったです。そして教会学校からは、聖句カードのしおりをプレゼントに持って行ったのですが、思いがけず、ケアハウスの方々から子供たちに、手作りのプレゼントをいただきました。和紙で作った筆箱やメモ帳です。すごくカワイイ。大人も欲しくなりました。暖かい心のこもったプレゼントを、ありがとうございます。
  十字の園のペロニカホールには、大きな本物のもみの木のツリーがあって、そこで子供たちと一緒に記念撮影もしました。十字の園でお仕事をしている教会員や、十字の園の施設長も加わってくださいました。
  十字の園の方々が教会の礼拝にも、来ることができますように。特にお子さんのいる職員の方々が、お子さんと一緒に教会の礼拝に来ることができますように、神様、助け導いてください。
posted by 教会学校 at 20:43| 教会学校より

2013年09月12日

9/8 玄関前の看板を塗り替えました

 もうかれこれ6〜7年前になるでしょうか。当時の教会学校の中高科の生徒たちが、教会学校と教会の礼拝案内のための看板を作り、自分たちで色を塗って、教会の玄関横に設置しました。
 しかし雨風に打たれ、強い夏の日差しにさらされているうちに、すっかり看板の色がぼやけてしまいました。いつか塗りなおしたいと思っていたのですが、ちょうど9/8に会堂のそうじなどを、礼拝後、みんなでやっている時、当時、看板を作ってくれた教会学校の卒業生たちがいたので、そこに青年たちも加わって、ていねいに看板に色を塗ってくれました。
 
 
 no-title 
  どうですか。とってもきれいになったでしょ。新しく色を塗り替えて、新しく字も書きくわえて、教会の玄関が、パッと明い雰囲気になりました。みんなでおしゃべりしながら、一緒に作業するのって、とても楽しかったです。でも現役の教会学校の生徒がいなかったのが、ちょっと淋しかったなぁ。

 
posted by 教会学校 at 15:41| 教会学校より

2013年08月19日

8/18

130818_0916~01.jpg 池袋西教会と一緒に.jpg
  今日の礼拝には、御殿場でキャンプをしていた池袋西教会の中高科の生徒さんたちが、教会学校の礼拝と分級に加わってくださいました。
  御殿場教会では、中高生が部活でなかなか礼拝に出席できないので、大勢の中高生が来てくださって、本当にうれしかっです。
  この日の礼拝説教は、今年、教会学校の教師になったばかりのM先生が行いました。説教デビューに、いつもより多くの出席者がいて緊張したと思いますが、紙芝居の絵をうまく使って、落ち着いてメッセージを語っていました。新しい芽が育ってくるのを見られることは、なんて幸せなことでしょう。
  分級も中高科の教師が、池袋西教会の方々と共に楽しい分級を展開してくださいました。
  またぜひいらしてくださいね。そして出来たら、大人の礼拝も一緒に守れたら、いいですね。黒ハート
posted by 教会学校 at 18:55| 教会学校より

2013年08月08日

2013/8/4-5 富士教会との合同キャンプ

 富士教会との合同キャンプは今年で3回目。場所は朝霧高原。今年のテーマは「聖書・・・・私たちを命に導く神の言葉」。このテーマに沿って、礼拝や分級での学びと話し合い、そして聖書の場面を即興で演じるスタンツを、三つのグループに分けて、全員参加で行いました。それぞれのグループが演じたのは、旧約聖書から、荒野でヤコブが夢を見て、神さまの言葉を聞く場面。教会の迫害者パウロが、イエス様の言葉を聞いて回心する場面。エジプトを脱出したイスラエルの民が、神様の言葉に助けられて、海の中を歩んでいく場面。それぞれ即興でしかも短時間で仕上げたのに、みんな熱演で、お見事でした。
IMGP2848.JPG
  キャンプの後のリクリエーションでは、富士山の樹海の散歩と風穴の見学。風穴は自然の冷蔵庫で、涼しいのを通り越して、寒かったですが、中にあった氷がとてもきれいでした。また樹海の散歩では、ガイドのおじさんが、なぜ樹海の木は高さがそろっているのか、樹海にはいろいろな動物が住んでいるけれどサルが住めないのはなぜか・・・など、興味深い話をたくさん聞かせてくださり、子供たちも大喜びでした。
IMGP2870.JPG
  
  
posted by 教会学校 at 00:30| 教会学校より