2012年08月16日

富士教会との合同キャンプ

120806_15.jpg 昨年に続いて今年も富士教会との合同キャンプを、朝霧で8/5-6、行いました。今年のテーマは「世界をつくり、守り、完成させる神さま」と言うことで、全国連合長老会の日曜学校委員会による教案誌・夏のカリキュラムと同じです。日曜日の礼拝を大人と子どもが、テーマに沿って、御言を聞いて、大型バスで出発。富士教会と合流してから、朝霧で開会礼拝、そして2つの教会が年齢もバラバラに3組になって、テーマに沿った聖書箇所を共に学び、即興劇のアイデアを練りました。楽しく学びながら、ポンポン楽しいアイディアが生まれてきます。夜は成人分級で、それぞれの教会から証を聞いて、交わりを深めることが出来ました。
 
 2日目はそれぞれが準備した即興劇の発表です。「天地創造」に始まり、「嵐の船の中のイエス様と弟子たち」、「死んだラザロが生き返る場面」を、大人も子どもも元気いっぱい、大爆笑と大喝采の中、熱演しました。午後からは雨が降り出したので、とりあえずマスのつかみ取りに行って、お昼の材料を子どもたちがゲット。冷たーい水の中に入って、キャーキャー言いながら、大漁でした。とりたてのマスを炭火で焼いて食べると、すごくおいしいです。生きが良いので、はらわたを出しても、マスは炭火に焼かれても、ぴくぴく動きます。すごい生命力です。その命をおいしくいただいて、子供たちは食欲モリモリ。マスもおにぎりも、プチトマトや焼いた野菜も、お腹いっぱい食べていました。あいにく雨で滝にはいけませんでしたが、ゆっくり昼食をすごして、富士教会→御殿場教会へとバスで帰ってきました。
IMGP2445.JPG
 
 回数を重ねるごとに、楽しさも増してきます。来年もたくさんの人が参加して、たのしいキャンプにしたいと思いました。また参加した全員に一言感想文を書いてもらって、CSだよりとして発行しました。勿論、富士教会にも送りました。読んでいただけたかな。


 
posted by 教会学校 at 14:20| 教会学校より