2011年05月04日

4/24 イースター合同礼拝

110424_イースターエッグ.jpgイースター礼拝のために前日、教会学校の子どもたちがイースターエッグを作って準備してくれました。毎年のことなので、これまで教会学校の先生がやっていたことを、今年は子どもたちが率先してやっていました。100個の卵のうち、ゆでていて割れた卵を使ってタマゴサンドを作って昼食。そこにチヂミやお好み焼きなど、教会学校の先生や、愛餐会の準備をしている方からの差し入れもあって、昼食はとても豪華です。ちょうど、土曜日にパソコンの設定に来てくださっていた十字の園のY氏が差し入れてくださったメロンのデザートまであって、子どもたちは大喜びでした。

翌日の24日のイースター礼拝では、それぞれ自分たちがきれいに飾った卵を、礼拝に来られた方に子どもたちが配ってまわりました。ここでも子どもたちは、ちゃんと仕事を果たしていました。また礼拝に、高校生になったAちゃんがお友達を誘ってきてくれました。久しぶりだったので、大きくなったAちゃんに驚きました。

毎年のイースター礼拝ですが、そのたびに、子どもたちが成長していくのが分かって、とてもうれしいです。
posted by 教会学校 at 22:50| 教会学校より