2014年08月06日

8/3-4 富士教会との合同夏期キャンプに行ってきました。

 8/3の大人との合同礼拝の後、急いで昼食を食べて、貸し切りパスで御殿場教会を出発。途中、富士教会と合流して、朝霧高原の活動センターに無事到着。1泊2日で、富士教会との合同夏期キャンプを行いました。
 今年のテーマは「私達の希望イエス・キリスト」。このテーマで、3つの聖書箇所の場面を、3つのグループがそれぞれアイディアを出し合い、話し合って、寸劇を作り上げていきます。小道具も持ってきた文房具など、限られた材料を利用して作ります。
 夕食前には1時間のフリータイムがあり、朝霧高原の気持ち良い風に吹かれながら、広い施設の芝生の上で、大人も子供も自由にバスケットやら、けん玉、フラフープなどを楽しみました。
 入浴後は子供たちは就寝。大人たちは成人分級で、それぞれの教会の課題や信仰のことなどを話し合いました。御殿場教会と富士教会は同じ東海連合長老会に属していますが、教会員同士が直接、交流する機会は多いとは言えません。富士教会との合同キャンプが始まって、今年で4回目。教会の垣根を越えて、一つの教会としての意識が芽生えてくるのが、うれしいです。

 8/4は昨日から今日までに仕上げてきた寸劇・スタンツを、3つのグループがそれぞれ発表します。最初は使徒言行録3:1-10、ペトロが足の不自由な人をいやす場面。子供から大人まで、チームワーク良く、聖書の場面を楽しく再現していました。
DSCN0364.JPG
 2番目はマタイ25:31-45、小さい者に親切にしていた人たちが、終わりの日の審判で、神の国に入れるとイエス様から宣言される場面。難しい個所でしたが、小学生2人が主役になって、大人たちは親切な人と、いじわるな人に分かれてアドリブ満載の演技。最後にイエス様役の小学生が、審判を言い渡すところは、名場面でした。
 3番目はルカ12:13-21、愚かな金持ちのたとえ。演技派のH神学生が、リッチな「かね もちお」として特別出演。大金をためて喜んでいるけれど、神様から命を取り上げられてしまいます。ユーモアたっぷりで、なおかつ小さい子供も懸命にセリフをしゃべっていて、いじらしかったです。
DSCN0373.JPG
 閉会礼拝の後、玄関で記念撮影をした後、近くの農場で酪農体験をしてきました。まず農場の監督から色々な説明を聞き、トラクターに乗ったり、牛に餌を食べさせたり、乳牛の乳しぼりをしたり、自分でバターを作って食べたり、お楽しみは満載で、お腹もいっぱいになり、全員で元気に帰ってきました。
 来年はもっと多くの人に参加していただきたいなと、心から願っています。
DSCN0407.JPG



posted by 教会学校 at 22:15| 教会学校より